連結検討書について

 

トレーラーを牽引するには、トレーラー側に牽引車を登録する方法と牽引車を牽引車登録する2種類の方法があり必ずどちらかの登録を行う必要があります。(詳しくは各地方陸運局・軽自動車協会にお問合せ下さい。)
トレーラー側に牽引車を登録する場合(弊社推奨)の際に連結検討書が必要になります。また先頭車を変更する際にも必要になります。
車種とトレーラーの大きさによっては牽引できない場合もありますので、必ず販売店にてご確認下さい。
弊社では、新車出荷時にトレーラー側に牽引車を登録して、出荷しています。 ご注文の際は、先頭車の車検証を販売店にお持ち下さい。
*弊社では牽引車登録は取り扱っておりません。

 

連結検討書とは?

 

トレーラーは単体では、走行出来ないため牽引車の性能で対象となるトレーラーの牽引が可能かどうか検討し、計算式で証明するための書類です。
お車(先頭車)を乗換えされた場合は、再度連結検討書を作成し先頭車の記載変更が必要になります。
牽引車を登録することにより任意保険で牽引車とトレーラーが1台の車とみなせれ、保険が適用されます。
(詳しくは各保険会社にお問合せ下さい。)